イベント『シネ★マみれ』富野由悠季論「機動戦士ガンダムF91」のお知らせ


2019年3月22日(金)開催決定‼︎

【出演】切通理作 

【ゲスト】後藤健児(オンラインVHSレンタル「カセット館」館長)、山口あんな(国際映画祭スタッフ)、北島直樹(映像作家)、滝口明(映画ライター、アメコミ歴40年)ほか

【開催日】2019年3月22日

【場所】阿佐ヶ谷よるのひるね アクセス

【開場】19:00

【開演】19:30

【料金】ご予約1500+1ドリンク500

当日1800+1ドリンク500

 

すぐ予約する!

 

アニメ作家を徹底的に語り尽くす!

富野由悠季論

ふたたびガンダムの海へ沈め!~「機動戦士ガンダムF91」

 

前作「逆襲のシャア」から3年、新生富野ガンダムのプロローグとなった「F91」。今まで「ニュータイプ」というマクロの視点から描かれた宇宙世紀の戦争は、本作で「家族の問題」というミクロで、より現実に立脚した視点へと移行されることになる。それは、富野が現在も訴える家族論のはじまりでもあった。

雑誌版レギュラー執筆者の滝口明さんは「スパイダーバース~映画と原作版の比較研究」。

「スパイダーバース」は映像がスゴいだけじゃない、原作からの改変点や、この映画が何を描こうとしているのか?など、じっくり解説。クモの背中の数字の意味は?も。実は原作コミックに登場していないスパイダーマンが8人もいる?アメコミ収集歴40年の研究成果!

世界を知るための映画 山口あんな(国際映画祭スタッフ)

 中央アジアの遊牧民・キルギス族たち。超大国に翻弄され、資本主義経済を基盤とした近代社会へと変容していく中で、主人公が突き付ける、民族としての歴史と誇りとは?映画「馬を放つ」を題材に語ります。

後藤健児(オンラインVHSレンタル「カセット館」館長)。

4K時代にノイズだらけのVHS!!
『シェイプ・オブ・ウォーター』の100倍忘れられない衝撃の人魚映画をはじめ、秘蔵VHSを特出し紹介!!

 

ブルーレイ発売開始!『寝ても覚めても』完全解説・補遺 雑誌『シネ★マみれ』最新号にて、本作で描かれた「不穏さに満たされた日常」について、シナリオ、原作をはじめ、あらゆる文献を紐解き、全シーンを徹底的に研究した映像作家・北島直樹さんによる、原稿にも書ききれなかったレポートです。